FC2ブログ
MMOトリックスター:2013/1/28エターナルメンテナンス開始までがんばったJ鯖サン在住のうさぎ好きのにっき
page top
RIN-GON ~ prologue
それは3月のある日のことだった。
わたしが暮らしているカバリア島。
結婚を認定してもらうというシステムのない世界だったが、遂に導入されるという噂が広まった。

その日荒れ放題の倉庫を整理して、それからぶらぶらとメガロを歩いていた。
そのわたしの目の前にふらふらと白い子猫がやってきた。

うちのメインで1stのDがかわいがってる子猫だ。いやもう子猫とは呼べまい。
カバリア島に住んで長いし(ふらっと島からいなくなっていた時期もあるけれど)、
だいぶレベルという名の年も重ねている。
生まれた時期は2ndのSと同じくらいで、Sと仲良くしていたのだけど、
月日が経つうち子猫はSよりDによくなつくようになった。多分、きつね<うさぎだったんだろう。

 <おずにゃん

ameicon-oz.jpg <ドレミちゃん

ちょっとした世間話のついでのように。

ame590.jpg

彼女は驚くような提案をしてきた。
「S」とSSでは伏せているがS=西瓜ちゃんはドレミちゃんの妹。

ameicon-si1.jpg <おずー^^

目、でかっ!!! じゃなくて^^;
目が大きくて、いつも子猫らしくあまり働かないお姉さんのために、
一家を切盛りしているような、働き者のかわいらしい女の子だ。

その西瓜ちゃんと結婚しないかというお見合いババアのような素敵な提案。
だけど、なぜ?

ame591.jpg

おい、コラwww

自分がDと結婚できないから代わりに妹とDの弟?なわたしと結婚させよう(*´ー`)b  てか?
と、一瞬「なに考えてんだー」と思ったが・・・

ame589.jpg

泣くこたなかろう・・・(そんなにD ameicon-dn2.jpg が好きなんかww

なんにしても、わたしに断る理由はない。
西瓜ちゃんはかわいいし、努力家だし、わたしにはもったいないくらいの子だ。
返事をしようとしたその時。

ame592.jpg

その下の妹でもいいよって、おまwwww ついどっちでもって言ってしまったwww










3月のある日を境に ────
わたしのそばにはかわいらしい女の子がそっと寄り添ってくれるようになった。

カバリア島に結婚システムが導入されるまでの少しの期間。

ame593.jpg

inするたび、幸せな日々を過ごせたことを感謝してる。

そしてわたしたちは ────
© あめちゃん連絡帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG