1. 無料アクセス解析
懐古 
そして期待値が下がった頃にあめちゃんは更新されるのである(ニヤソ

ame-m029.jpg

1年は365日だから~・・・ん?カプルになって丁度2年??(うるう年があったような)

先日久しぶりにDでinしたけどトモロク灰色で早々に落ちてしまったっていう。
れいsとすれ違いになってしまったわ。

今日はおずでinしてみた。嫁が懐かしいと開いてみたらSSだた。
マスター不在のギルドになっちゃってたけど、(いやギルメンも大概・・・)
メンバー表見たら副マスたまちゃんが5月下旬にinしてくれてたわー・・・
そしてなんと嫁は4月に、そして、あべくんも・・・称号が変わってた気がする。
4月中旬以降、わたしが殆どinしてなかったんだよ!ウワアアアンヽ(`Д´)ノ
長らくカバリアで見かけてなかった人たちがわたしの不在の時に限って、くっ・・・





懐かしい人がブログに訪れてくれました。
懐かしめる場所的にここが存在してるんでもいいなーとも思ったり。

いやいやもっとアクティブにやっていかなければいけないだろう、存在する限りは。
更新が途絶えるとコメが伸びるブログなんていばれない気がします。
誰に対していばるんだということではなく。
たうさまらぶって書いてあったけど、まあいい 
こんがりn!先に謝っておく、すまん!!!!(2828



チョコもらったしーw

ame738.jpg

らぶらぶだしーww

バレンタインデー当日は中の人旅行中だったから、もらえなかったんだけど><
今日(15日)嫁からちゃんとチョコもらえたよ!



リアルで中の人自分チョコ買いまくりました。友チョコももらいました ←
バレンタインのチョコレートって綺麗で美味しくてダイスキーである。
2週間ほどの間に食べた(未だ冷蔵庫にある分もw)チョコ群

16区のオレンジショコラ
オペラのチョコレートパフェ
ルタオのロイヤルモンターニュ ルージュ
ミルフィーユのチョコトリュフ詰め合わせ
堂島ロールのチョコトリュフ詰め合わせ
フレイバーのバレンタインブラウニー
ピープル・ツリーの板チョコ

葡萄家の豆たんは元々好きなお菓子ですが、バレンタイン限定のが出てた!

W.jpg

豆たん

普段は食べ(られ)ないチョコレートをこの時期だけはいっぱい食べるんだ!
にきび・・・体重ェ・・・
白い恋人達 
こんばんは、おずです^^ひさしぶりのおずです^^
メガロの街はクリスマス♪ちょっと早いけどクリスマスデートしてもらいました。



ハァ・・・嫁、かわゆすヾ(^^* ツノ生えてるけど・・・

ame728.jpg

Σはなぢ出るじゃん

まさか、DやSを差し置いてわたしが結婚するとは思っていませんでしたが、
それもこれもすべて学ばないお見合いババア・・・じゃなくてドレミちゃんのおかげ。

ロマンチックなメガロで中々出番のないサブ同士のわたしたち(しくしく
楽しいひとときを過ごしたのでした ───









その頃Sは

ame729.jpg

ひとり淋しくイベント会場でクリスマスツリーを見上げていたのd(

RIN-GON ~ Part1 
4月30日。忙しい合間を縫ってわたしたちはアデルに逢いに行った。
何故忙しかったかって?
5周年の特典。あれだよ。
出もしない伝説を求めてメインのDが出ずっぱり。
それが終わったかと思えば経験値アップがやってきて、ちびどもがわらわらと育った。

わたしは殆ど出番を与えてもらえない状態だったんだ。
それでも結婚システムがカバリア島に導入されて、街にはLOVEな空気が溢れてる。
いつまでも恋人を待たせておくわけには行かないでしょ(逃げられたらどーするんだと訴えた

とにかく30日にわたしたちは結婚を決めた。

ame-m024.jpg

自分はそんなにうまくいってないくせに、エラソーだよなぁw












ame594.jpg

いろんなブログでお馴染みのピンク色の

ame595.jpg

わたしたちはメイン垢と呼ばれるところにいるけれど、お互いメインではなく。
中の人が注ぐ愛も、メインに比べれば少ない。
足りない分の愛はお互いで補っていくんだって・・・ 
↑この匂いがたまらんセリフを言ってみたかっただけです。

3~4日で次の段階へ進んだら?と言われてる人が多そうな中。

愛を書き連ねたメモのやり取り。
1:1での囁き。
PTクエ(マリデザのパインをいたぶったとかいうのは内緒

ame-m025.jpg

わたしたちはじっくり愛を育てました
(モノは言いようって、学校で習ってるよね!

ところで結婚前後から、やたらいろんな人に「浮気するなよ」と釘を刺されるんですが、
わたしの普段の所業ってそんなにまずいのだろうか・・・



関連記事 RIN-GON ~ prologue
RIN-GON ~ prologue 
それは3月のある日のことだった。
わたしが暮らしているカバリア島。
結婚を認定してもらうというシステムのない世界だったが、遂に導入されるという噂が広まった。

その日荒れ放題の倉庫を整理して、それからぶらぶらとメガロを歩いていた。
そのわたしの目の前にふらふらと白い子猫がやってきた。

うちのメインで1stのDがかわいがってる子猫だ。いやもう子猫とは呼べまい。
カバリア島に住んで長いし(ふらっと島からいなくなっていた時期もあるけれど)、
だいぶレベルという名の年も重ねている。
生まれた時期は2ndのSと同じくらいで、Sと仲良くしていたのだけど、
月日が経つうち子猫はSよりDによくなつくようになった。多分、きつね<うさぎだったんだろう。

 <おずにゃん

ameicon-oz.jpg <ドレミちゃん

ちょっとした世間話のついでのように。

ame590.jpg

彼女は驚くような提案をしてきた。
「S」とSSでは伏せているがS=西瓜ちゃんはドレミちゃんの妹。

ameicon-si1.jpg <おずー^^

目、でかっ!!! じゃなくて^^;
目が大きくて、いつも子猫らしくあまり働かないお姉さんのために、
一家を切盛りしているような、働き者のかわいらしい女の子だ。

その西瓜ちゃんと結婚しないかというお見合いババアのような素敵な提案。
だけど、なぜ?

ame591.jpg

おい、コラwww

自分がDと結婚できないから代わりに妹とDの弟?なわたしと結婚させよう(*´ー`)b  てか?
と、一瞬「なに考えてんだー」と思ったが・・・

ame589.jpg

泣くこたなかろう・・・(そんなにD ameicon-dn2.jpg が好きなんかww

なんにしても、わたしに断る理由はない。
西瓜ちゃんはかわいいし、努力家だし、わたしにはもったいないくらいの子だ。
返事をしようとしたその時。

ame592.jpg

その下の妹でもいいよって、おまwwww ついどっちでもって言ってしまったwww










3月のある日を境に ────
わたしのそばにはかわいらしい女の子がそっと寄り添ってくれるようになった。

カバリア島に結婚システムが導入されるまでの少しの期間。

ame593.jpg

inするたび、幸せな日々を過ごせたことを感謝してる。

そしてわたしたちは ────