1. 無料アクセス解析
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みみとしっぽの大冒険の世界への扉 
ame1107.jpg

メンテナンス開始からもう2年も経ったなんて

毎日毎日冒険に明け暮れた日々もずいぶん遠ざかってしまったものです。
わたしのうさぎは今でも目をくるくるさせて塔で仰向けに倒れて笑っていそうですがw

ame1108.jpg


冒険の世界への扉はまだわたしのPCのデスクトップには残されているのですが
扉を開いても迷うばかりであの世界へは辿り着くことはできないのです。
スポンサーサイト
ゴールデンスランバー 
それは偶然切られたシャッターに収められた今まで知られることがなかった真実・・・


Once there was a way To get back homeward
Once there was a way To get back home
Sleep,pretty darling,do not cry And I will sing a lullaby






──── そう。わたしはあの日もいつものように街を歩いていた
気になることがあればいつでも愛機のシャッターボタンを押す準備は出来ている
その日だって同じだった。カバリア島全土を巻き込むような事件が起きていて
だかしかし人々はその事件をひと時のカーニバルとして楽しんでいた

あれは2009年11月15日

知り合いが拠点にしていることもありうろつくことが多い街。そこは
マリンデザートタウン・パラダイス
いつも飾らない親しさで話しかけてくるその街も
何日間かに渡って行われる大規模な事件とも言うべきカーニバルに浮かされていた

彼が居て話しかけたからなのか話しかけられたからなのか
わたしは足を止め自分もカーニバルへ参加しその様子を愛機に収めたのだった
発掘王は彼が露店を出す時につける名前だった

ame1104.jpg
time20:23:29

長い年月が経ち、わたしは力を失いカバリア島へ行くことができなくなってしまっていた
わたしだけではなく全てのカバリア島住民が力を失い誰も行くことはできなくなっていた
人々は思い出としてカバリア島を語る。わたしもそのひとり

かつてカバリア島で知り合いだった殴り龍も、たまに思い出を語っている
わたしの知らない時間のわたしの知らない出来事も
でも確かにカバリア島で起きていたのであろう事やその思い出を

その中に目を疑うような写真を見つけることになろうとは!

こんがらかったあたまの奥 2014年11月27日纏められるお絵かきたち2
こやつ中々絵がうまかったのだなーと眺めたりしてた姉御良いっすフフフ

殴り龍が書いた記事の4枚目の絵と。その元となった1枚の古い写真
わたしが愛機で切り取ったそれとほぼ同じ構図

ame1104k.jpg
time19:02:03

殴り龍が撮った写真にはわたしの写真にも収まってる彼=デュードンさんこと謎の石棺
静かに迷惑な大きさでパラダイスに横たわって・・・あれ?
殴り龍が撮った写真は心霊写真になっていまいか?

石棺の右上のダークヘッドドレスの基本獅子・・・デュードンさんじゃないか?

うーむ・・・心霊写真・・・あれ?
右端のアイスヘルムの一次獅子・・・デュードンさんことスーパーサブ・ボイヤーくんでは・・・
まあ一次のアイスヘルムは当時よくいた気がするからこれは違うかもしれない

古い写真に閉じ込められた真実は本人にしかわからないことだろう





ふたつの写真にはとあるギルドもちゃっかり収まっている
近寄ったら危ないぞー!虚弱体質でも乱暴者の集団だぞ気をつけろ!
という風説の流布を主にわたしが続けていたあのギルド(
このギルドにはたくさんスパイを送り込んだものです・・・
その話はまた別の機会に





ゴールデンスランバー
わたしは故郷へと続く道を来年もここで辿り続けるでしょう

みなさん、よいお年をね!またね

みんないなくなってしまったと思っていたけど本当は誰もいなくなってなんかなかったんだ・・・ 
去年の今日はわたしたちにとって重大なお知らせがあった日でした。

tsfin1

カバリア島にいけなくなるのはもう少し先のことだけど、
わたしたちはこの日、終わりの始まりを知ったんだよね。

終わりの始まりって言葉。
どこで使うんだかと思っていたんだけど、そうかこういう時かって思いました。

終わりの始まり。









そうそう。先日ツイッターを賑わせたあの情報。
それはまだいけるところなのか不確かなところだけど、
もしいけるんだったらいくんだ!と思っています。

アリスはうさぎを追いかけるものなんだよ。



「召喚士になりたい」日本の元トリックスタープレイヤーの反応

まずスマホン買うところからなのですか!?と、おろおろしたし、
本当はゲームに携帯性を求めないので小さい画面でやるのがっかりだし、
あのトリックスターそのものではないっていうのもわかってるのでしょんぼりもある

けれど。
わたしはそれでももう一度いくんだって決めています。

だって嬉しい方がもっとそんな気持ちたちより大きいんだよ。
これでトリスタはもう戻ってくることはなくなったとか、そういう風に思わないよ。

去年終わりは始まって、そしてエターナルメンテナンスという言葉と共に、
あの世界は閉じられてしまってなにもかもなくなってしまったって。

だからだけどこれは風穴だよ。小さな。
もしかしたらわたしの望むどこかに繋がってるかもしれないから、いくね!
また世界が閉じられる前に覗いてくるね。

・・・・・・まだ、始まってないけどね><






そもそも余力を残してTSを終了させたのかなーとか
このまま捨て置くには惜しい素材として開発には思われていたのかなーとか
開発が最終段階とかいうのを聞くにTS終了してすぐから取り掛かってたんじゃないのかとか
妄想です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。